ストリッピングについて

 

皆さんの愛犬を完全なフルコートをまとったスコッチテリアにする為に 

ストリッピングは必要な作業です。 毛を抜くことによって、

艶のあるアウターコート(オーバーコート)が生えてきます。

ではなぜ太くて硬いアウターコートを生やさなければならないかと言うと、

それがスコッチテリアだからです。 愛犬イコール ペットではなく、      

愛犬イコール 真のスコッチテリアでなくてはならないのです。

飼主の方が思っているほど毛の抜く痛みはスコッチはあまり感じていません。     

幼犬の歯から成犬の永久歯に変わる生後5〜6ヶ月位の時に、一度完全に抜きます。

この時期を逃がすと精神的にも肉体的にもスコッチは成長し、反抗心と攻撃性を

トリマーに向けてきます。 口を縛ってトリミングをしなければならず、     

かえって犬の精神を傷つけてしまいます。

まだ幼く、感情が純真なこの時期にしっかりと毛を抜くことをスコッチに教えれば、

一生トリマーがこのスコッチの毛を難なく抜くことができます。

テリアの毛根は他の犬種に比べ、浅く抜けば抜くほど尚抜きやすくなります。

抜く毛の量をたくさんつかんで抜けば、どんなスコッチでも痛いのです。

そこにトリマーの良し悪しができてきます。

少しずつ少しずつ時間をかけて丁寧に抜きます。 地肌が完全に見えてしまう   

ストリッピングをほどこすやり方と、ボサボサになった毛の上の部分をつまんで  

アウターコートを抜き、少量のアンダーコートを地肌に残しアウターコートが   

出てきた時に、残ったアンダーコートを取り去るストリッピングがあります。     

後者のやり方は、皆さんに非常に受け入れられましたが、前者(地肌が見える)  

あまり評判はよくありません。

ストリッピングをほどこしてから1ヶ月〜1ヶ月半位でアンダコートが出てきます。

その時このアンダーコートをカミソリでかき取ります。             

それによって地肌に張り付くようなアウターコートになります。

それから1ヶ月後(ストリッピングしてから2ヶ月〜2ヶ月半)位に完全な

スコッチテリアの誕生です。

この時期に審査員に見てもらい、ドッグショーを楽しむことができます。

も僕は、飼主の方に一番見てもらいたいのです。

審査員は1日だけ、飼主の方は毎日ながめていていただたいのです。

昔は狩猟の為に全天候型のトリミングをしたと聞いています。でも現在のスコッチ

テリアにおいてはオーナーの為に僕はトリミングをし続けています。

形あるものはいずれその形を失いますが、また一から作り直すことができます。

毎年2回愛犬をストリッピングさせてやってください。

 

☆                        ☆                         ☆

 

ストリッピングの方法 

 ※ 完全に取りさると言うこと(ショーの3ヶ月前にすること)

          ←の方向に毛を抜く

            

  A の場合のストリッピングについて

犬の後ろに立ち左手で尾を持ち、右手で毛を抜く。               

左手をストリッパーの上において毛を抜く場合、皮膚を上に引っ張りながら右手で抜く   

方法は、ついつい左手に力が入り犬の皮膚を傷める(内出血)場合があり好ましくない。

左右均等に抜く方法もあるが、まず頭上から中心線を想定して穴をあけながら抜く。       

15〜6年前の犬はの部分を気にしながら抜いたのだが、

今の犬はこのキ甲部が発達しているためあまり気にせず思いきり抜くほうがよい。

犬にもよるが 肩が落ちている犬は、ここに少し毛を残しながら抜く。

の部分は、しっぽの先に向かってしに抜き、9割方抜いて、

元気のよい毛を少し残しておいた方がよい。そしてしっぽの部分は、

ねずみのしっぽのごとく抜かない方がよい。体の毛に対してしっぽの毛は生えにくい。

しっぽを覆うぐらいの毛を残しつつ、古い毛は完全に抜いておくこと。

特に裏側の毛を丁寧に抜くこと。

 

    サイドボディーの抜き方

                         

犬を横にして、上から下に抜く。

ぜならこの部分は下に毛が流れなくてはいけないから。

 Bの部分はCに対して自然な毛の流れを作らなければいけない。

 方法としてストリッピングをした後、ハサミもしくはスキバサミを用い、

BCの間のところを縦に切っておくこと。(要するにABCの縦の毛の流れを段差なく                              自然な感じに作る)                                           

                              

あご下から胸下にバリカンをかける場合、横から見て一番出ているところ

(胸骨端)の下の毛を取らないこと。

@図 この部分はスキバサミで毛並みにそって前足と胸前の区別がつくように作る。

    エプロンの作り方は前足と胸の区別をぼかしながら作る。             

 

                                  顔の作り方 

                                  

F について

年齢にもよるが、1才くらいの犬は鼻まで毛が届いていないと思う。          

前に立ち、目が見えるように毛を調整する。毛の長さは顔、ボディー、

額の広さ長さ、ヒゲの量等に合うように作る。

短いからアメリカタイプ、長いからイギリスタイプとは考えないで、

ここがトリマーの個性と思い、顔の長さに合わせほどよい長さにすること。 

 

前足、後足の作り方

 

 

                                                                                              ストリッピング後、1ヶ月から1ヶ月半たった状態

                         

アンダーコートが体全体を覆うように生えてきます。

年齢によって伸び方が異なりますが、カミソリでこのアンダーコートを

完全に取り去ってください。

                                       以 上

             MENU もどる